Guitar Technica

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

エレキギター購入

こんばんわ。東京は雨が降ってます。
だんだん寒くなってきました。

そんな中、一昨日の話です。
学校帰りに友達の家に行こうと思ったのですが、友達に待ってくれと言われたので、
時間潰しに図書館へ勉強しに行くことにしました。一応、受験生なのでw
学校から図書館へ行く途中にリサイクルショップを発見しました。
店内を見てると楽器コーナーがありました。
色々ある中、奥に値札のついてないエレキギターがありました。
店員に聞いてみると、壊れてるから売り物ではないと言われました。
でも、もし、売る気がないなら店の奥にでもしまってるだろうと察したので、
「壊れててもいいので、安く譲っていただけませんか?」と頼んでみました。
店員はあっさりOKで、3000円でいいと言いました。
3000円とはいえ、自分も少し考えました。メーカーは無名すぎて分からないし、
作りは雑だし、ダメージも多々。ネックもねじれ気味で、パーツも欠品。
うーん、と1秒悩んで、購入することにしましたw

友達の家に一晩泊って、昨日、このギターに手をつけました。
こんなギターです↓↓↓

IMG_0583.jpg

部屋は散らかり気味です、ごめんなさい。

ヘッドのデカールは「J」と書かれていますが、メーカー不明です。
もし、分かる方がいればコメントよろしくお願いします。
ポイントをまとめると、ネックがねじれ気味、ロッドカバー欠品、塗装の剥がれ、電気系の不備で音が鳴らない、等です。

初めに、音が出るよう直すことにしました。
裏蓋を開けると雑な配線があらわになりました。
セレクターが隣と干渉してたので指で曲げて離してみました。
あっさり鳴りました。え、これだけ?
これだけみたいです。

ガリなどはほとんどなかったのですが、一応、接点復活剤を噴いておきました。
接点復活剤↓↓↓

IMG_0588.jpg

このスプレーはギターをいじる人にはマストアイテムです。写真のやつは600円ぐらいでした。
ガリのあるギターのポッドやその周辺に噴きかけて、だいたい乾くまで数回ポッドをくるくると回せばガリが消えます。
確実ではないですが。
他にも、ブリッジのコマのサビたイモネジなどに吹きかけてしばらく置き、ブラシでこすったりすると、サビが落ちます。



次は、欠品のロッドカバー。
ストックは3つありました。1つは前の記事で紹介したRICタイプのヤツw
それと、Epiphone製のロゴ入りのヤツ、ギターワークスで買ったヤツ。
Epiphoneのヤツは形が良かったのですが「e」のロゴが・・・。
ってことで、形を参考にして作ってみました。↓↓↓

IMG_0586.jpg

左が本家、右が自作です。黒の1Pです。
10分ぐらいで作ったので雑ですが、まぁ緊急用ってことでw
装着した画像はないです;;;

最後に、全体の磨きです。
フレットもくすんでないようなので金属ピカールは使いませんでした。
(クロームメッキのパーツをピカールで磨くと磨きキズがつくので注意。)
軽くクロスで拭いたあとに、ポリッシュを吹いて、クロスで拭き取りました。
ピカピカです。それと、指紋がついてもクロスでさっと拭きとれるコートができます。
ポリッシュ↓↓↓

IMG_0587.jpg

SMITH PRO FORMULA POLISH っていうケンスミス社の製品です。
これはオススメです。写真のは1260円でした。
塗装を磨くのはもちろん、指板にも使えるみたいです。
よく、レモンオイル、オレンジオイルなど使う人がいますが、
僕はフレットが浮かないか心配で使えません・・・w(あくまで私見です。)
初めてこれでギターを磨いたとき、愛着がかなり湧きました。
もし、ポリッシュたるものを持っていないなら是非購入をすすめます。



あとは、弦を張って、細かい調整をして作業終了です。
何箇所かビビるんですよねぇ。ねじれてるからかな。
そのうち解決したいと思います。


読んでくれてありがとうございました。おやすみなさい。




スポンサーサイト

テーマ:ギター - ジャンル:音楽

  1. 2010/09/27(月) 03:40:36|
  2. 楽器
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<シールド購入! | ホーム | ネームプレート購入>>

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
  1. 2013/01/07(月) 19:18:57 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://guitartechnica.blog120.fc2.com/tb.php/4-deaab1b7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。